ピアノ 邪魔

ピアノが邪魔だなあと思うあなたへ 

ピアノを売って家を広くしよう!

 お家にピアノがある家庭は多いと思います。でも実際には使ってなくて単に置物になってるっていうところもまた多いかと思います。

 ピアノがあるのはいいんだけど部屋が狭いよ、リビングが狭いなあって思っていませんか?

 もう随分ピアノ弾いてないよ、邪魔だなあ、でもピアノは大きくて重いしめんどくさいから当面はこのままでいいや。。。そう考えてずっとピアノが部屋の一角にどーんと鎮座してるのかもしれません

 でもですね、部屋の広さは限られているわけです。いくら面倒だからといっても、弾かないピアノをずっと置いたままにしておくのはもったいないです。それは部屋を有効に使えないという意味でもピアノが眠っているという意味でもです。ここはひとつピアノを買取に出して、部屋をすっきりさせてみませんか?

目次

目次に戻る

[1]邪魔なピアノは買取に出してみては


 毎日弾いているならともかく、全く弾かないピアノが家にあると邪魔ですよね。どうにかしたいと思っても、どうにも手がつけられない。そういうこともあるでしょう。
 でも諦めてはいけません。ピアノは売却するという手段があるのです。

「でもウチのピアノは古いから、とても売れないんじゃないの?」

そんなことはないです。よっぽどの古いピアノでない限りは結構買い取ってもらえるものです。試しにピアノの買取査定をやってみてはいかがですか?お金はかかりませんから物は試しですよ!

目次に戻る

[2]ピアノって売れるんですか

 ピアノは売れるって言うけどどうして?そう思う方もいらっしゃるかもしれませんのでここで理由を説明します。

 実は、、、中古ピアノっていうのは人気があるんです。ピアノというのはよくできていて、古くても手直しすればまたちゃんと演奏できるようになるものなのです。中古だから新品を買うよりは安い、けれども音は悪くない、むしろ良いとなれば人気が出るのも当然ですよね。

 日本国内はもちろん海外でもよく売れています。日本製は音が良い上に丈夫で長持ちだからです。ですから、ピアノを買い取る専門の業者さんも多く存在します。

 そういうわけで、あなたのピアノにはまだ立派な価値がある(かもしれない)のです。

目次に戻る

[3]ピアノの買取査定をやってみよう

 それでは買取査定について説明していきます。

対象になるピアノ

 まず、買取査定の対象になるピアノは何でしょうか?これは、アップライトピアノグランドピアノ電子ピアノです。これらのピアノで製造後30年以内のモノ、というのが大体の目安となります。

 もちろん最近のものほど高めの買取価格が付きます。30年以上前の古いモノは値段がつかない場合も多いですが、査定額は買取業者によって違いますので、一度は査定を依頼した方が良いです。

ピアノの状態

 次に中古ピアノの「状態」についてです。

 まず、通常の使用や演奏でつく軽いキズならば、普通は買取査定でも影響は無いです。修理でキレイによみがえるので気にする必要はないです。また、音が合っていない、鍵盤の一部が動かない、などの軽度の不具合であれば、査定上の影響は小さいです。

 但し、大きなキズやヘコミがある、塗装が大きくハガレているなどの場合は、買取不可となったり、価格がついても大きく減額される可能性はあります。また、虫食い、水害等があればピアノ部品がいたみますので査定に影響します。これらは正しく申告しておきましょう。

買取査定のやり方

 というわけで、ようやく買取査定のやり方ですが、実は査定自体は簡単です。見積を依頼する業者に以下の8つのピアノ情報を伝えるだけです。
メーカー
ピアノの種類
 アップライトピアノ、グランドピアノ、電子ピアノ等
モデル名(品番)
製造番号
 品番と製造番号は、ピアノの上フタを開けるとフレームの右側または中央に刻印されています。調律カードが有れば、それにも記入されています。
ペダル本数
ピアノの色
ピアノのオプション
 消音機能や自動演奏装置の有無
ピアノの状態
 キズの有無、鍵盤やペダルの状態、虫食い・水害や火災等によるピアノのダメージの有無

 普通はこれだけで買取査定をやってもらえます。査定を受けるのに書類などは必要ありません。また、調律をわざわざ査定直前に行う必要もありません。

 後は、ピアノの置き場所もポイントです。一戸建てかマンションか、ピアノを運び出すときに階段を使う必要があるか、マンションの場合はエレベーターで運びだし可能か等です。一戸建ての2階に置いてあり運び出すのにクレーンが必要、といった場合ではその料金分が買取金額から差し引かれることもあります。

目次に戻る

[4]買取査定で気を付けたいこと


 前項でお伝えしたように買取査定は簡単ですが、気を付けたい点もあるので説明します。

 まず、査定を依頼する際のポイントは、

「できるだけ多くの業者に頼む。また、依頼する業者にすべて同じ情報を渡す

ことです。これまでに説明した項目によって査定額が決まりますが、業者の査定方法はまちまちです。普通に、業者によって金額が異なります。なので多くの業者に見積もりを依頼する必要があります。

 ひと昔前なら複数業者に依頼するのはとても手間がかかるものでしたが、今はインターネットでできる一括無料査定があります。一回の入力で済みますので、簡単でオススメです。見積金額を比較できて査定額の高い業者を選べますので大変おトクです。しかも無料なので口コミでも人気が出ています。

 次に、買取査定額が出た後に確認しておきたい点をお伝えします。見積結果から業者を選定し、家に来てもらってピアノを引き渡すわけですが、業者を呼ぶ前の段階で確認しておきたい事柄があるのです。

 何故かと言うと、実際にピアノを見た段階で色々文句をつけて買取金額を下げたり、それで買取を断ると、今度は出張費を払えなどと料金を請求してきたり、のようなトラブルが起きることがあるからです。もめごとを避けるために次の三つに気を付けましょう。

買取金額の減額

 どんなときにどれくらい減額されることがあるのか、を業者に確認しておきましょう。

運送費

 運送費(ピアノ搬出費用)は別途請求されるのか、それともそれを含んだ上での買取金額なのかを確認。

その他諸経費

 見積(査定費用)は無料なのか、また出張費はかかるのか、かかるとしたらいくらかかるのか確認。

 電話で連絡を取る場合は、業者の話し方や態度なども確認しておきましょう。納得がいかない時は断っても良いですか?と聞いてみるのも手です。その時、「納得がいかない場合はお売りになる必要はありません」と快く応じてくれれば安心できますね。

 また、明らかに他より高い買取額のときは直接その理由を聞いてみたいところです。あとからイチャモンをつけて減額する罠の可能性もあるからです。ちゃんと理由を教えてもらえる会社であればよいですが、そうでなければ後で減額されないか確認しておきましょう。

目次に戻る

[5]売ったピアノはどうなるの


 邪魔になったとはいえ、元々は親に買ってもらったピアノだから、ひどい扱いを受けては忍びない、と買取後のピアノがどうなるのか心配される方もいらっしゃると思います。

 でも大丈夫です!先にお伝えしたように、買い取られたピアノは修理・調整されてよみがえります。新品同様のピッカピカのピアノになって再び店頭に並ぶわけです。いまは海外に輸出する方が多いですが、外国に売られてもその国の人々に弾かれ続けます。

 いずれにせよ、あなたのピアノは新しい持ち主の元で第二の人生を送ることになります。これはピアノの側から見ても幸せではないでしょうか?現時点で全く弾く人のいないピアノなら、買取に出してしっかりピアノを弾いてくれる人に託しましょう。

目次に戻る

[6]広い部屋とお金が手に入ります


 いろいろ説明してきましたが、ピアノが邪魔だなあと思われている方に、買取という方法もあるんだという事がわかって頂ければ幸いです。

 今の時代、ピアノ買取一括無料査定はすごく便利です。お金もかかりませんから、一度試しにいくらで買ってもらえるか確認する、という感じでも構わないんです。

 部屋の広さにも限りがあります。使わないピアノだったら、もっと有意義に使ってもらえる人に弾いてもらって、あなたはお金と広い部屋を手に入れてみませんか?

目次に戻る

簡単・無料査定は↓こちらです!

ズバット ピアノ買取比較